ネットマンばかり

今日はどう言う訳かネットマンにばかり出会う(12人)、馬鹿でかいネットにぶっとい柄 伸ばすと凄く長そう。 私は以前ネットマンと嫌な経緯があり余り好きではないので挨拶のみ。
私の知ってる少ないポイントなので今日も出会いが無し(単に見つけるのが下手なだけなのでしょう)
場所変えと M谷を目指すも途中工事で迂回路(案内看板にしたがって)へ行くも迷子!
今日はツキがないと久々に180号を帰る途中 美袋(此処にもタンチョウを放してる)でタンチョウを見ると、私が見たかった雛が親の背中の羽に潜ってる所が見られラッキー(結局 運良かったのか?)
c0101354_2339245.jpg

親の背中に潜り込むのは寒い時とばかり思ってましたが(今日は結構暑かった) でも見てて可愛い。
c0101354_2342760.jpg

 

More(今日見た花等)
[PR]
# by suzumebachi7 | 2007-06-18 00:38 | 山野草と昆虫

ウスベニチチコグサ

今までハハコグサ属ではハハコグサ・チチコグサ・チチコグサモドキしか知りませんでしたが、今年になってタチチチコグサにウスベニチチコグサを始めて見ました(気が付いた)。
そしてウスベニチチコグサに良く似てるウラジロチチコグサ(此れは未見)も有るようです。この二種の見極めは、頭花の総苞片の先が尖ってるのがウスベニチチコグサで、総苞片の先が鈍頭(丸い)のがウラジロチチコグサです。

ウスベニチチコグサ(キク科ハハコグサ属 南アメリカ原産の割と新しい帰化植物 越年草)越年草とは1~2年草です。
植え込み、道端などで見かけます。 頭花の総苞片が尖り紅紫色を似てるので頭花が赤く感じます。
c0101354_21421471.jpg

c0101354_21425571.jpg



比較に他のも。
チチコグサ。(キク科ハハコグサ属 日本在来種の多年草) 分枝しない。葉も葉も細長い。
c0101354_2150654.jpg


タチチチコグサ。(キク科ハハコグサ属 アメリカ大陸原産の帰化植物 越年草) 葉が細く(別名ホソバノチチコグサと付く位)茎上部の葉の脇から花を何段も付ける。
c0101354_21582713.jpg


チチコグサモドキ。(キク科ハハコグサ属 熱帯アメリカ原産の帰化植物 越年草) 身近な所でも最も蔓延ってる感じがします。茎は基部で分岐し、葉はへら形で先が丸い。
c0101354_22714.jpg


ハハコグサ。(キク科ハハコグサ属 別名オギョウ・ホオグサ 日本在来種の越年草)
ハハコグサ属の中では黄色で一番華やか、春の七草の一つ(オギョウ)。
チチコグサは帰化植物の(チチコグサモドキ等)に押されてますがハハコグサは頑張ってますね。
c0101354_22113659.jpg

[PR]
# by suzumebachi7 | 2007-06-07 22:17 | 山野草

マタタビ?

今日道端で見た花、マタタビ?と思う花 でも棚がしてある、葉先もマタタビより丸い。何だ この花はと思いきや調べてみるとキウィ・フルーツの花でした。
キウィ・フルーツは別名オニマタタビって言うそうですね(どうりで花がソックリな訳です)。オニマタタビは中国原産のシナサルナシがニュージーランドで果樹として品種改良されたそうです。
c0101354_1395368.jpg

↑は雄花ですが雌花はこれ。
c0101354_1405621.jpg


マタタビは葉を白くして蕾の状態なので昨年のマタタビです。
上が雄花で下が雌花。キウィ・フルーツと花だけ見るとよく似てますね。
c0101354_1441768.jpg

c0101354_1444756.jpg



今日は曇り空でしたがカラスアゲハにクロアゲハの吸水が見られました。
これから気温が上がってくると吸水シーンがよく見らます。
c0101354_1511390.jpg

c0101354_151461.jpg

[PR]
# by suzumebachi7 | 2007-06-04 01:54 | 山野草と昆虫

フナバラソウ

フナバラソウ(船腹草 ガガイモ科カモメヅル属) 袋果が秋に熟し上下二つに割れ、その一片が船の形にそっくりで横から見ると船の腹に「見えるので「船腹草」。ガガイモ科の花は五弁で同じような袋果を付けるものが多いですね。
石灰質を好むこの花を実は今日始めて見ました。
c0101354_225599.jpg

ワニグチソウ(鰐口草 ユリ科アマドコロ属) ぶら下る二つの花を包む苞葉が神社の鰐口(神社の参拝者が引綱を振り打ち鳴らす金鼓)に似る所から由来する。
同じ仲間のアマドコロやナルコユリ等は花に苞葉が無くワニグチソウのみに苞葉が有ります。
c0101354_2112034.jpg


フキバッタの仲間?イナゴの仲間?ヒナバッタ?同定出来ませんでしたが脱皮後が見られました。
c0101354_2162974.jpg

c0101354_217717.jpg


ゼフィルスがもう出てきてないか期待してましたが会えませんでした。
今日の蝶。
アオバセセリ。
c0101354_21991.jpg

クモガタヒョウモン。
c0101354_2194893.jpg

オナガアゲハ。
c0101354_22117100.jpg

コジャノメ。
c0101354_2277100.jpg

[PR]
# by suzumebachi7 | 2007-05-28 02:28 | 山野草と昆虫

ガンピ

ガンピの花の時期なので岡山市内のポイントへ行って見ました。
せっかく晴れて良い天気なのに何故今日は風が強いの? それは さて置き、咲いてました。
ガンピ(ジンチョウゲ」科ガンピ属)ジンチョウゲ科の樹の樹皮は皆シワクて強靭(オニシバリにガンピ、ミツマタそしてジンチョウゲの樹皮もシワイ)です。花はラッパ型。
c0101354_23204032.jpg

c0101354_23211653.jpg


アサヒナカワトンボのカップル。メスが水際に近づくとオスは直ぐにメスを捕まえます。
c0101354_23565277.jpg

そしてハートマーク。
c0101354_23582075.jpg

メスが産卵を始めてもオスは近くで見守っていました。
見難いですが左下でメスが産卵してます。
c0101354_002640.jpg


More (ヒキガエルの上陸)
[PR]
# by suzumebachi7 | 2007-05-21 00:24 | 山野草と昆虫

春の花たち

野草園と自然保護センターの未だ載せてない植物たちです。
先ずは野草園から。
カラスビシャク(烏柄杓 サトイモ科ハンゲ属) 仏炎包(仏像の背後にある炎形の装飾を光背と言いますが、その光背に似ている事から「仏炎」となり、葉が変化した物だから「包」。マムシグサとかテンナンショウの仲間がそうですね)を柄杓に見立てると、人間の使う柄杓より小さいのでカラスが付いた。
田んぼ際の土手等で見かけてましたが野草園にも有りました。
c0101354_1552858.jpg

写真でも見つけにくいですね、でも実際はもっと見つけにくいです。

チゴユリ(稚児百合 ユリ科チゴユリ属)名前の由来は 小さいので稚児 ユリ科なのでユリ。
このチゴユリも好きな花の一つですが二花が沢山見られるので何時も探してしまいます。
c0101354_27815.jpg


東屋の近くに有る低木でガンピ(雁皮 ジンチョウゲ科ガンピ属) 名前の由来は雁皮紙の事を古くは斐紙と言ってたのが訛りカニヒ→ガンピとなった。
和紙の原料としてはミツマタやコウゾが有名ですが、ガンピの方が繊維も強く良いのですが栽培できなくて、野生のものを使っているため年々少なくなっています。
未だ蕾だったんですが(5月5日時点なので もう咲いてるかもしれない)ミツマタより控えめな花はとても好きです。
c0101354_2244270.jpg


More(自然保護センター)
[PR]
# by suzumebachi7 | 2007-05-18 02:59 | 山野草

春のトンボ

今日は野草園のガンピも気になってましたが、やはりトンボ見に出かけました。
今年は初めてのヤマサナエ。昨年は羽化を見られたのですが今年は見逃したようです。
c0101354_0101336.jpg

白い小さな蛾のようなのを美味しそうに食べてました。
c0101354_0115981.jpg

続いては飛び出しを狙ったのですが上からだったのでタベサナエでいいと思うのですが・・・・・。
胸の模様の絵合わせしないと私は分かりません。
c0101354_0154025.jpg

オグマサナエがカキツバタ(じゃなくて園芸種ですね、名前は?)に止まってたので。
c0101354_0243230.jpg

同じくオグマサナエがイトトンボを捕食中。
c0101354_0265583.jpg

フタスジサナエ。
c0101354_048555.jpg

今まではニシカワトンボと言ってたのがアサヒナカワトンボと言い方が変わったそうです。
(今まではニシカワトンボ、ヒガシカワトンボ、オオカワトンボの三種類だったのがアサヒナカワトンボとニホンカワトンボの二種類に変更になった)
c0101354_0345536.jpg


Moreちょっと危険(今日のトラフトンボと見たくない舌)
[PR]
# by suzumebachi7 | 2007-05-14 00:48 | トンボ

春の里山

4月29日に阿哲にウスバシロチョウを見に行ってたんですが、見事に振られアップしていませんでしたので(当てが外れてふてくされてた)此処でアップしたいと思います。
ウスバシロチョウは行った時期が遅れたので羽化場所から離れてしまって見逃してしまい、里山の野草散策になりました。

ナツトウダイ(夏燈台 トウダイグサ科トウダイグサ属の多年草) トウダイグサの燈台とは船の航行を案内する灯台ではなく、昔の室内照明器具の燈台を言います。
ナツトウダイは早く咲くことから「初燈台」と呼ばれてたのが、なまって「夏燈台」となった様ですが、命名者が本来春咲きなのに遅咲きのものを見て夏燈台と付けてしまったのではないかとの説も有ります。全く春咲き花なのに夏は違和感が有ります。
此花は少し変わってて五枚葉の上に五本の茎を出し(基本形)其々に抱葉を持ち、その中に腺体(カニの爪のように見える所で、此処から蜜を出してる)に包まれるように花(雌シベ・雄シベではなく、一つの雌花に複数の雄花が付いていて、このようなものを「杯状花序」と言ってトウダイグサ科の花の特徴でも有ります)が有りその付け根から又抱葉と杯状花序が付きます。
c0101354_23294044.jpg

c0101354_2329415.jpg


タカサゴソウ(高砂草 キク科ニガナ属の多年草) 白い花を白髪に見立て、能の「高砂」に出てくる老爺と老婆連を想し この名が付いた。
何処にでも有りそうな感じの花だが、岡山県では準危急種・環境省では絶滅危惧種2類(VU)にランクされる。
c0101354_23511057.jpg


春の昆虫で好きなジュウシホシクビナガハムシを探してキジカクシを探してみると居た居た。
(この虫はアスパラの害虫として知られています。キジカクシもアスパラによく似てますね)
c0101354_0162358.jpg


オカオグルマ(丘御車・岡小車・狗舌草 キク科キオン属の多年草)乾いた所に咲き、花びらが綺麗に円盤状に並ぶのを御車に見立てた。
車で走ってても土手や道端にこの花を見ると つい止まってしまう程好きな花です。
c0101354_031258.jpg

c0101354_031295.jpg

c0101354_032376.jpg

[PR]
# by suzumebachi7 | 2007-05-08 00:38 | 山野草と昆虫

野草園

今日はハマちゃんさんより情報を頂いてたチョウジソウを見に野草園に行ってきました。
さすが連休で野草園に付くと数人の方が来られていて、ハマちゃんさんも居られました。後 夢民谷さんもご夫婦で来られましたが、夢民谷さん写真を撮られたのかな?お話だけで帰られたような? 
ハマちゃんさん、夢民谷さん、お名前が分かりませんが(バイク)トライアルをされてる方、楽しい一時を有難うございました。

チョウジソウ(丁字草、丁子草 キョウチクトウ科チョウジソウ属)この花の下の部分は胴長で、香料になるフトモモ科のチョウジ(丁子)の花に似ており その名を借りた。
私はフトモモ科のチョウジなんて知らないので調べてみると、チョウジ(丁子または丁香)はインドネシアのモルカ諸島原産でスマトラ・ジャワに分布してます。(18世紀末にフランス人によって東アフリカ沿岸地帯に移植されました)
この花の蕾を乾燥させた物が「丁子」で釘のような形をしており「丁」と言う字に似て居る事に由来する。
胃痛や腹痛をとる目的で漢方処方・家庭薬に配合され、丁子から取った油は局所麻酔作用があり歯痛やリュウマチにも応用される。
正倉院御物中に「丁子」が有る事から日本には早い時期に渡来したと推察される。
 
チョウジソウは湿気た所に生える多年草ですが、近年少なくなって岡山県では危急種・環境省のRDでは絶滅危惧Ⅱ類(VU)にランクされる貴重な植物です。何時までも生育出来るよう暖かく見守りたいです。
c0101354_239166.jpg

c0101354_2394765.jpg


ツクバネソウ(衝羽根草 ユリ科ツクバネソウ属の多年草) 実の姿が羽根突きの羽子に似ている事から名前が付いた。
県南でこの花が見られるのは嬉しいですね(野草園に行くと この言葉が何時も出てきます)
c0101354_2328125.jpg

c0101354_23285757.jpg

今まで県北で花だけしか見てないので是非とも名前の由来となる実も見たいと思います。
ツクバネ続きで木本(樹)のツクバネは非常に羽子に似てるので前々から見たいと思っていました。ご存知の方は情報を(岡山県内に限る)宜しくお願いします。
[PR]
# by suzumebachi7 | 2007-05-05 23:41 | 山野草

トラフトンボ

記事を書く前に写真BLOG(cicada_nanaさん)のブログでシオヤトンボの産卵の決定的凄い写真を拝見し感激してしまいました。皆さんもご覧あれ 凄いですよ。

さてトラフトンボに帰って、今日はトラフトンボに挑戦してきましたが、難しいぃ~~~。
オスは池の周りをメスを探してパトロール。
c0101354_2135382.jpg

そしてメスがやってくると直ぐにハートマークで暫く池の周りを飛び回り(産卵する場所を見てるのかな?)離れるとメスは近くの木の枝に止まりオレンジ色の卵塊を作り出します。
c0101354_21444975.jpg

c0101354_21452335.jpg

そして飛び立ち池の水面に一回打水して産卵の終了。
私には写せませんでした。(せめて数回打水してくれればなぁ~と負け惜しみ)

今日の撮影も佐伯でした。
c0101354_21495862.jpg

[PR]
# by suzumebachi7 | 2007-05-04 22:03 | トンボ