振られてばかり

野草園にてモンキアゲハの乱舞(アゲハ祭り!!)そしてルリモンハナバチが今年も出現したとの情報で いそいそと出かけました(その割りに出かける時間が遅い)。
ハマちゃんさんぬりかべさん、ふーさん、mosyupaさんよこちゃんさんが既に来られてました。
何でも草刈のお手伝いもされたようで ご苦労様でした。

先ず変わったコオニユリを案内されました。
本当に変わり者のコオニユリで、咲き方はヒメユリのように上を向き(蕾も)、花被が9枚(普通ユリの場合外花被3枚・内花被3枚から成る)オシベも9本と見事な突然変異です。
花が終りかけてたので写真は撮っていませんがハマちゃんさんぬりかべさんのところでご覧ください。
 マメ知識:萼片と花弁がほぼ同形・同色の花を等花被の花(とうかひのはな)と呼び、萼片を外花被・花弁を内花被と言います。(ユリの仲間・ネギ類・ヒガンバナなど)
花被とは花冠(個々を花弁と言い 皆さん花びらと呼んでるところ)と萼(がく 個々を萼片と言う)を合わせた言葉で花弁と萼片が同形の物でよく使われます。

一回りしてモンキアゲハもルリモンハナバチも未だのようで(ルリモンハナバチは一度出現したようですが)東屋で恒例のアイミーティング(皆さんとの会話はとっても勉強になるし楽しい)。皆様何時も本当に有難うございます。
その後Ryochanさんも来られ大賑わい。
皆さん帰られRyochanさんとチョウ待ち、でも目的のモンキアゲハにルリモンハナバチは現れず・・・・・・・・・・。
Ryochanさんレンズの設計の話やチョウのポイントを色々お教えいただき有難うございました。

野草園のナツエビネ、カリガネソウ、サギソウ。
c0101354_0135012.jpg

c0101354_014284.jpg

c0101354_014481.jpg

此処はキンミズヒキが二種類有るようです。
花付き良く見えるのはキンミズヒキで花弁は丸っこい?幅がある。
c0101354_0194497.jpg

花付きが悪く見える(花が少しまばらに見える)ヒメキンミズヒキで花弁がほっそりしてる。
c0101354_0222545.jpg

 
交尾中だったアオメアブ。上がメスと思う。
c0101354_0235697.jpg

マルカメムシ(クズなどマメ科によく付く)を捕食中のアオメアブ。
c0101354_0262144.jpg


More(ルリモンハナバチが見られなかったので去年の写真でも)
[PR]
# by suzumebachi7 | 2007-08-06 00:56 | 山野草と昆虫

オニヤンマの産卵

今日はオニヤンマの産卵を見に行ってきました。
c0101354_893082.jpg

何時もの事ですがメスが産卵をしてるとオスがすぐに連れ去ってしまいます。
だからか?メスは薄暗い所での産卵が多くなります。
メスを連れ去り木の上に止まったオス。
c0101354_885115.jpg

この後交尾体制に入るのですが、高い木の茂みの中に入ってしまいました。(残念)
昨年のオニヤンマの産卵写真に交尾体制が有ります。

今日の目的はビデオでの産卵風景なんです。
家に帰ってビデオの編集をしようと思った所 Premiere pro2.0を立ち上げるとデバイスコントロールエラーが出てしまう何度やっても。
とりあえず他のソフトで画像だけアップします。
オニヤンマの産卵風景のは分かると思います。
(本当はオニヤンマのブーンブーンと翅音やザックザックと砂地に産卵管を突き立てる音が撮れなかったのが残念です。この音がオニヤンマの産卵の迫力を感じる所なんです)

[PR]
# by suzumebachi7 | 2007-07-30 01:54 | トンボ

何故 捩れる?

ヒオウギ(檜扇 アヤメ科ヒオウギ属の多年草) 
葉が扇形に広がり互生する姿が、貴族が儀式の時に持つ「檜扇」に似るところから名前が付きました。
別名:ヌバタマ 種が真っ黒でカラスの羽のような玉、つまり烏羽玉(ウバタマ)がヌバタマに変化した。「ぬばたま」は黒・夜・闇などに係る枕言葉として万葉集に40首あまり登場します。

ヒオウギの花は一日で閉じてしまいまが、その閉じ方がとても面白く捩れています(半端な捩れじないよ)。
日曜日に野草園でハマちゃんさん・ぬりかべさん・よこちゃんさんとヒオウギの花びらが捩れていくところを見てみたいねと話をしました。
c0101354_2250194.jpg

c0101354_2395733.jpg

近くの親戚に(この親戚がヒオウギを栽培しており、昨年種子を頂き鉢にまいてますが今年は葉のみで蕾を付けてないので)一株分けてもらいに行き、昨日早速観察開始。

PM7時(映像端子に埃が付いてて目立つので画像を少し小さくしてます)
c0101354_22552291.jpg

PM8時(スッカリ閉じました)
c0101354_22564442.jpg

PM9時(さぁ~ これから少しずつ捩れ始めるよ)
c0101354_22585595.jpg

PM10時
c0101354_22595841.jpg

PM11時
c0101354_2304076.jpg

PM12時
c0101354_2311892.jpg

AM1時
c0101354_2321151.jpg

AM2時(余り変化が無さそうなので ここでおやすみ)
c0101354_2334868.jpg

AM6時
c0101354_235488.jpg


どう? 見事に捩れたでしょう。
でも何故捩れる必要があるのでしょうか? 図鑑やネットで調べてみたのですが分かりません。
ここから私の空想の世界(間違ってると思うけど)
ヒオウギの花びらは六弁ですがユリのように外花被3枚+内花被3枚の三枚性なんです、所がヒオウギはアヤメ科です。
ユリ科は子房(雌しべは子房・花柱・柱頭から出来ています)が花冠(花びらを全体を花冠・花びら個々を花弁と言います)の中に有りますが、アヤメ科は子房が花冠の下に有ります。
ヒオウギは子房を守る(水の浸入なども)ために終った花冠を捩れさせているのか?
考えてると夜も眠れなくなりそう。

捩れの情報が有りましたら 宜しくお願いします。
[PR]
# by suzumebachi7 | 2007-07-24 23:38 | 山野草

野草園にヤマユリが咲いた

野草園にヤマユリが咲いたと連絡をいただき見に行って来ました。
ハマちゃんさんぬりかべさんmosyupaさんが既に来られてました。その後 フーさんご夫妻も来られ 楽しい一時。
午後からtdollさんよこちゃんさん(よこちゃんさん珈琲ご馳走様でした)、ももこさんにひかるさん(HN間違えてましたら申し訳有りません)今日も賑わった野草園でした。
皆様 有難うございました。

野草園新種のオオバノトンボソウ?を(花は終わりかけだったのが残念)見て
1)茎に稜があり 2)背萼片と側花弁がかぶと状に重なり開いていない 3)距は下がり茎を突き抜けてない 
以上の事からオオバノトンボソウと思います。
c0101354_0362377.jpg



山際の斜面のヤマユリは見事に咲いておりました(岡山県では普通見ることは出来ない)。
近づいて撮影してると 何とも良い香りです。
c0101354_039322.jpg

カノコユリも。
c0101354_0402162.jpg

今日は眼を忘れ(ローアングルファインダーを持ってくるのを忘れた)見難い。
今週も雨が どうも天気が不安定です。
c0101354_059319.jpg

c0101354_0595819.jpg


何故かアシグロツユムシの幼虫はカリガネソウの葉の上ばかり(カリガネソウは臭いのだがアシグロツユムシにとっては美味しいのでしょうね?)
c0101354_12196.jpg

所がユウスゲにはツユムシの成虫。
c0101354_133517.jpg


もうマユタテアカネも出現してます。
私も限界に挑戦?
c0101354_15183.jpg

[PR]
# by suzumebachi7 | 2007-07-23 01:11 | 山野草と昆虫

カイツブリ

池ではカイツブリがキュリリリリィ~とけたたましく鳴き、潜水や水面の滑走をしていました。
本当にカイツブリは水面を走っているんですね。(これは未だ幼鳥ですね)
c0101354_1311923.jpg

岸近くのカイツブリ(こんなに近くでは滅多に出会えない)「なに見てんだよぉ~」とでも言いたげ。
c0101354_1352346.jpg


カイツブリは潜水して魚を捕りますが、顔を浸けるだけのも居ました。(獲物が水面近くをを泳いでいたのかな?)
c0101354_1384045.jpg

捕ったのはオタマジャクシ(大きいからウシガエルかな)。
c0101354_142849.jpg

このカイツブリはオタマジャクシを水面に叩きつけてました。
c0101354_1471315.jpg

オタマジャクシがぐったりした所で口の中に消えていった。(トリミングで拡大)
c0101354_1434475.jpg

[PR]
# by suzumebachi7 | 2007-07-19 01:49 |

今日は雨の予報は無かったはず

今日 新潟中越地方で大きな地震があり多大な被害が有ったようです、台風が過ぎたばかりなのに。
被災地の方々 お見舞い申し上げます。


今日は確か曇りのはず?
佐伯にオニヤンマの産卵を見に行きましたが天気の関係?不発でした。
でも思いがけず みよしさんご夫妻とお会い出来ました。

アオイトトンボがもう羽化して出てきてるんですね。
羽化後のアオイトトンボ(羽化後は良く分からないんですが、ヤゴの尾鰓(びさい 尾っぽ)の長さ(アオイトトンボとモノサシトンボが居たのでヤゴで比較した)と腹部からアオイトトンボのメスと判断しました。(間違ってるようでしたら 優しく?教えてね)
c0101354_2334170.jpg

そして羽化の失敗?のアオイトトンボ。(左翅が重なりくっ付いてるみたいで右後翅が伸びきってない)
c0101354_23375198.jpg


ラブラブカップルさん。
キイトトンボ
c0101354_23451617.jpg

モノサシトンボ
c0101354_23462070.jpg

でも水面に小さなハンターも(まぁ マツモムシはイトトンボは襲わないでしょう?)
c0101354_2353570.jpg


チダケサシ(ユキノシタ科チダケサシ属 食用になるキノコのチチタケをチダケとも呼び、此れをチダケサシの軸に刺して持ち帰った事による)も良い感じ。
c0101354_015726.jpg




所が突然雨が降り出し雨宿り、止んだので散策すると又雨 今度は土砂降りに雷なので東屋まで退散。
東屋からの雨。
c0101354_23212857.jpg

雨って撮るの難しいんですね、思ったように撮れない。
イメージ的にはこんな感じ(雨は写ってないしボケボケ)
c0101354_23233685.jpg

[PR]
# by suzumebachi7 | 2007-07-17 00:07 | 山野草と昆虫

野草園でオフ会

台風4号も過ぎ朝から日が射してるので 何処か出かけよう。
でも谷筋はちょっと危ないかも? そうだ 先週ハヤブサで賑わった野草園に出かけよう。(もちろんハヤブサは居るはずは無いのだが、顔見知りの方々がきっと来られてるはず)
野草園に付くとはハマちゃんさん夢民谷さんが来られていました。
やはり 楽しい話に花が咲きました。
その後TOSHIさん、ひとみさんご夫妻(あっ ご挨拶を忘れてた 私は一方的に存じてたので、すみません)に山猫さんyamaさんが来られ、そしてフーさんも 本当に今日の野草園は大賑わいでした。皆様 楽しい一時を有難うございました。

クサレダマももう終わり
c0101354_215266.jpg

東屋近くの草にはモノサシトンボが結構居て楽しませてくれました。
c0101354_2171681.jpg

私の好きなアシグロツユムシの幼虫も
c0101354_2261631.jpg

池ではコシアキトンボにショウジョウトンボやシオカラトンボ・オオシオカラトンボのオスが縄張り争いを繰り広げ、シオカラトンボにオオシオカラトンボのメスが池の際で産卵をしてたのですが「ボコッ」と音がすると姿が消えてしまう。この池にブラックバスがいてトンボを捕食してしまったのです。このシーンが捕れてないのが残念ですが生前のオオシカラトンボです。(この撮影後ブラックバスに捕食されました。
c0101354_225136.jpg

こんなに浅い所で。 産卵は危険と隣り合わせなんですね。
[PR]
# by suzumebachi7 | 2007-07-16 02:31 | 昆虫

中々見られない花?

台風4号は今 室戸岬西で中心気圧は960hpaと少し弱まったようです。
暴風警報は出てるものの、時折風の音が聞こえる程度で一安心(これから風も強くなるのかな?)。
九州では被害が出てしまいましたが、その他の所も被害が少ない事を祈ります。でも此れで渇水は解消されました。


薄暗い所で良く見かけるチトセカズラ。 若い葉は白い筋が入ってますが古くなるのつれ緑一色になります。
所が花となると中々見かけません、何処で見ても伸びた蔓からは葉しかお目にかかれない(山陽新聞社発刊の岡山の野の花でも著者が同じような事を書かれていました)。
花は黄色の五弁の細長い葉弁をクルリと巻く小さな可憐な花なんです。
元々チトセカズラは花を付けにくいのか?暗い所でよく見かけるので花が咲きにくいのか?

チトセカズラ(千歳葛 マチン科ホウライカズラ属の常緑の蔓性木本)
一昨年初めて花を見ましたが 割りと明るい竹林の竹に絡み付いていました。(やはり花が咲くには明るめの所か?)
c0101354_1154062.jpg

c0101354_116427.jpg


そして違う場所で昨年の早春に見かけた果実?
c0101354_1222545.jpg

ちょっと果実にトゲのようなのが気になる。
今年確認に行きたいと思って居るのですが、都合が合いません。
[PR]
# by suzumebachi7 | 2007-07-15 01:27 | 山野草

チョウトンボ

チョウトンボとオニヤンマが気になって出かけてきました。
池の畔で休憩中のチョウトンボ。
c0101354_022164.jpg

池の淵はチョウトンボにジョウジョウトンボ、時々ギンヤンマの縄張り争いが展開されてましたが(この時のトンボたちの動きは早く私には導入さえ出来ない)、一番優雅に飛んでるチョウトンボのパトロール。
c0101354_084240.jpg


そして岡山・広島・熊本(他にも有ったかな?)に有るオグラセンノウ(岡山では本来哲西町の鯉ヶ窪湿原に有るのだが、佐伯の岡山県自然保護センターに植栽されてるので近くで見られて有り難い)。
でも花盛りを少し過ぎてるようでした(もう少し早く行けば良かった)。
c0101354_0145326.jpg


上の湿原でハッチョウトンボも探して(これも時期が遅かった)何とかカップルを見つけられました。
c0101354_0171175.jpg

産卵シーンはやはり難しい。
c0101354_0181987.jpg


オオシオカラトンボもラブラブカップルが居ましたよ。
c0101354_0193530.jpg


オニヤンマは羽化して山際の上空を飛び(格好良い!)、でも草にしがみついてたオニヤンマの違和感のあること!
翅に「7/8」とマジックで書いてあるのだ。
今日は ここ自然保護センターでトンボの観察会があったからだろうか?
アサギマダラの移動距離を計測するため翅に場所など書くと聞いた事が有りますが、オニヤンマに日付など意味がある?
c0101354_027243.jpg

結局オニヤンマの産卵は未だ早かったようで(昨年はカメラで楽しませていただいたので今年はビデオで楽しもう)次回の楽しみです。

やたらと目に付いたシオヤアブ。
オスのシオヤアブがセマダラコガネを捕食してました(この仲間たちは獰猛ですね 甲虫の背中もブスリと刺してしまいます)。
c0101354_0353369.jpg

[PR]
# by suzumebachi7 | 2007-07-09 00:44 | 山野草と昆虫

半夏生(はんげしょう)

7月2日から7日までの5日間を「半夏生」と言い この頃に田植えをすると良いと言われていました。
半夏生とは半夏(カラスビシャク 烏柄杓)と言う薬草の花が咲く頃から来ています、葉が白くなるハンゲショウ:半夏生(故名は片白草)は半夏生の期間に花が咲くので半夏生の名を貰ったようですが半化粧ん方が相応しいかもしれません。

で 野草園で五月に見かけたカラスビシャク(烏柄杓 写真は今年の5月18日の春の花たちに有ります)とハンゲショウを見に野草園に出かけてきました。
ハンゲショウは東屋の前に咲いてましたがカラスビシャクは下草も伸びて結局見つけることは出来ずでした。 
ハマちゃんさんとフーさんが来られ夕方ぬりかべさんが来られ例によって話に花が咲きました。

ハンゲショウは中々雰囲気が良いです。
c0101354_236540.jpg

c0101354_2372827.jpg

クサレダマ(草蓮玉 腐れ玉とは呼ばないようにね)も花盛りです。
c0101354_23165159.jpg

c0101354_23184742.jpg

私はこのクサレダマの後姿が割と好きなんです、萼片の淵にオレンジの縁取りがお洒落と思うんですがどうでしょう?
c0101354_23203410.jpg


ヒメユリにトモエソウも咲いて(恐らく今日開花)ます。
県南でヒメユリが見られるなんて有り難い事です。
c0101354_2324442.jpg

c0101354_2325380.jpg

トモエソウ(花がよじれ巴状になるので巴草) ここのはよじれが少ないです。
c0101354_2328957.jpg


皆さんと楽しいお話してるとユウスゲも咲き出しました。
c0101354_23291634.jpg


More(ネムノキとアゲハ)
[PR]
# by suzumebachi7 | 2007-07-01 23:59 | 山野草と昆虫