慣れない

パソコンを変えたのですが案の定使いづらい。
何よりモニターのコントラストが強すぎる(今までブラウン管のモニターを使ってたので)、自分の写真を100パーセント表示するとボケの部分がすごくザラついて見える、ブラウン管のやわらかさが好きです。
でもファイルを沢山出しっぱなしにしててもフリーズしないのは嬉しい。

日曜日安部池上空を飛んでた複葉機、まるでラジコン飛行機のよう。
c0101354_2251638.jpg


More(クロイトトンボの羽化)
[PR]
# by suzumebachi7 | 2006-11-08 23:15 | トンボ

近くの山へ

今日は貝殻山、金甲山から阿部池と回ってみた。(今日は70~200ミリ一本)
c0101354_22542349.jpg


紅葉は今一の感じでは有ったがハゼノキが綺麗に紅くなっていました。
c0101354_22544844.jpg


結構目に付いたヒヨドロジョウゴの実、真っ赤に熟して逆光で見ると種が透けて見えました。
c0101354_2304141.jpg


翅を広げたウラギンシジミのメス久しぶりで、ちょっとうれしい。
c0101354_23111718.jpg


カラスウリの実も紅く熟していた。
花は夜咲き朝にはしぼんでしまうので私には縁の無い花です。
c0101354_23184714.jpg


その後 阿部池に行って鳥見。
デジスコも望遠も無いので双眼鏡で見るだけ、チュウヒやハイタカを見たり他の人たちと話をしてるだけで夕日が落ちる時間となっていました。
c0101354_23221952.jpg

[PR]
# by suzumebachi7 | 2006-11-05 23:24

トンボそのⅢ

交尾後メスが産卵を終えるまでオスが傍でホバリングしながら警護するので有名なシオカラトンボ・オオシオカラトンボ。
シオカラトンボのペアーが産卵場所を探していました。
c0101354_2222440.jpg

残念ながら産卵シーンが未だ撮れてません来年チャレンジします。

シオヤトンボはメスが単独で産卵してるようです。
産卵ホバ。
c0101354_22255422.jpg

産卵(単独打水産卵)シーン。(産卵シーンを撮る時はホバリングでピントを合わせ手前か後ろに少しピントをずらせるのですが、予測が中々上手く出来ません)
c0101354_22312628.jpg


ギンヤンマは連結または単独で植物組織内に産卵します。
写真は連結したカップルですがコンパクトカメラで撮影しています。(此処まで被写界深度が深いと良いですね)
c0101354_22355571.jpg


More(ウチワヤンマの産卵)
[PR]
# by suzumebachi7 | 2006-11-04 23:00 | トンボ

トンボそのⅡ

親戚に不幸があり今日明日の散策中止。 

なのでトンボそのⅡです。
赤とんぼの仲間はオスメス連結して産卵をします。

マユタテアカネと思って撮影したのですが、どうもアキアカネのような気もします。逆光のため胸の模様も見えないし同定が出来かねています。
c0101354_14405273.jpg

このように連結して泥地に産卵するのが、連結打泥産卵と言い、アキアカネ、マユタテアカネ、ヒメアカネなどが連結打泥産卵するそうです。

池の周りの茂みの中をカップルで飛んでたリスアカネ。
c0101354_1445285.jpg

時々メスがお尻を振って(カップルが上下に動く感じ)るのがファインダーから見えます。
おそらく卵を産み落としているのでしょう、偶然撮れた産卵シーン。
後ろのメスのお尻のしたの小さな白いボケた丸っこいのが卵です。
c0101354_14481014.jpg

(来年は横位置で卵もハッキリ分かるような写真が撮れたらなと思います。)
このように連結して空中から卵を落とす(産卵)のを、連結打空産卵と言い、リスアカネ、ノシメトンボ、ナツアカネ、ナニワトンボなどが連結打空産卵するそうです。
尚 リスアカネは途中連結を離れてメス単独の打空産卵をする事も有るそうです。
[PR]
# by suzumebachi7 | 2006-11-03 15:11 | トンボ

トンボそのⅠ

今年はトンボばかりと言って良いほど見に行きました。
赤トンボの仲間でも終盤に見られるキトンボ、これも初めて見たトンボです。
オレンジの翅に魅了されました。
c0101354_20163796.jpg


池の周りをメスを探してパトロール中のオス。
c0101354_20174560.jpg


そして相手を見つけて無事交尾。
c0101354_2019324.jpg


More(こんな間違いも)
[PR]
# by suzumebachi7 | 2006-11-01 20:44 | トンボ

やっぱりトラちゃん

朝起きて 曇ってるしなぁ~ 何処へ行こうかな?
やっぱり トラちゃんポイントに行ってしまいました。

保安道をトラちゃん探して、どんどん下ってしまった(曇ってると何処かでお休みしているのでしょうね)。
海がとても綺麗、晴れてるともっともっと綺麗なんだろうなぁ~と思いながら歩く。
薄日が射して来ると何処となく現れるトラちゃん、でも散発的 すっきり晴れた日が良いようですね。
今日もビデオ撮影。
やっぱりMFで追うのは難しい、ましてやクローズアップにすると揺れるしフレームアウトする。
でも楽しい散策でした。
c0101354_20472910.jpg


此処はトビが凄く沢山居るんですね。
c0101354_20484297.jpg


More(ウスバアゲハの受胎嚢)
[PR]
# by suzumebachi7 | 2006-10-29 21:38 | 昆虫

ブログ始めました

散策で出会った素敵な友人達のブログの素晴らしい写真に見せられ、重い腰を上げて思い切ってブログを始めてみました。

記念すべき初回は先週(先々週も見に行ったのですが)トラツリアブです。
このトラツリアブは昨年mosyupaさんが見つけられ(非常に珍しいアブで生態も良く分かってないそうです)今年は私も見させて頂きました。

コセンダングサの花でお食事中のトラちゃん。
直ぐ傍に魚眼レンズが・・・
ハマちゃんさんの撮影風景ですが、こんなに近づけるなんて凄いですね。
c0101354_21205366.jpg

他にもセイタカアワダチソウ(此れが一番好きなのかな?)にも良く来ていました。
c0101354_21245976.jpg


運良く交尾してるカップルも見ることが出来ました。
c0101354_21261523.jpg

c0101354_21265358.jpg

目がくっ付いてる方がオスで離れてる方がメスだそうです。(アブの仲間全般そうらしいですよ)

休憩中のトラちゃん
c0101354_21331961.jpg

c0101354_2135074.jpg

ふわっふわっのトラちゃん 本当に可愛いですね!

本来ならピンぼけなので没写真なのですが、トラちゃんのお尻に何か付いてる。
蝶(ウスバシロチョウ・ギフチョウのみ)では交尾した後メスの腹部末端にオスが分泌物を出して袋状のものを付け、メスが二度と交尾出来なくする(受胎嚢という)事があるそうですが、此れも受胎嚢? なぁ~んて事も考えてしまいます。
何かがくっ付いただけなのでしょうが。
c0101354_21462581.jpg


本当に可愛いらしいトラツリアブ堪能させて頂きました。
mosyupaさん 有り難うございました。
緊急連絡網でルート案内してくださったハマちゃんさん 有り難うございました。

さあ 明日は何処に出かけようかな?天気が少し心配です。
[PR]
# by suzumebachi7 | 2006-10-28 21:59 | 昆虫