ぬばたまの

居明かして 君をば待たむ ぬばたまの 我が黒髪に 霜は降るとも

万葉集など 夜・黒・髪などの枕詞として使われた「ぬばたま」 ヒオウギ(檜扇)の実も(熟すと艶のある真っ黒な種が)射干玉(ぬばたま)と言われています。(種が真っ黒でカラスの羽のような玉、つまり烏羽玉(ウバタマ)がヌバタマに変化した)

野草園のヒオウギも ぬばたまに成りかけていました。
c0101354_2335073.jpg
c0101354_2344354.jpg


今日は昼頃 野草園に行ったが管理人さんが帰られるところで貸切でした(少し寂しい)
ぬばたまを撮った後少し撮影しました。
ヘラオモダカ。
c0101354_23143189.jpg

ノブドウ。
c0101354_23161163.jpg

ツルボ。
c0101354_232028100.jpg

ツルボに居たのはハラナガツチバチの仲間?
c0101354_23222696.jpg

c0101354_23224950.jpg

クサレダマと思いますが紅葉も。
c0101354_2330346.jpg


と ここで雨。
東屋で雨宿りしてるとスクイレルさんが来られました(雨の中少しビックリ 自分のことは棚にあげ)。
雨宿りの東屋で色々とお話し、雨が止むと撮影(少し)。
マユタテアカネは雨の中でも何時もの通り。(でも暗すぎる)
c0101354_23343384.jpg

近づいても逃げないコノシメトンボ(オス)。
c0101354_23354991.jpg

[PR]
by suzumebachi7 | 2007-09-16 23:36 | 山野草と昆虫


<< シロチョウはカカア天下? 優曇華の花 >>