カラスノエンドウの蜜腺

カラスノエンドウにも拓葉(花柄や葉柄の付け根付近にある付属体で花や葉が育つまでの保護をしてる)が有り、その付け根に蜜腺があります(黒くなってる所)。
それを確かめたくて近くのカラスノエンドウを見てみました。
花の付け根に有る拓葉に黒い蜜線が確かに有りました。(未だ蕾は赤みが有ります)
c0101354_0185041.jpg

此方の蜜腺は蜜が溢れてます。
c0101354_0194348.jpg

さて 今度は蟻が居る所を探さねば中々見つからなかったのですが、やっと見つけても蜜を一舐めですぐに移動してしまいます。
でも確かに蟻は蜜を舐めてるようでした。(この蟻はジックリ蜜を舐めてくれて助かった)
c0101354_0232521.jpg

でもカラスノエンドウは何故蟻に蜜を提供してるのでしょうか?蜜で蟻を呼び害虫から守ってもらうそうですが、他のカラスノエンドウにはアブラムシが付いていて蟻は其方の排泄物(多分糖分を含んでる)を舐めていました。カラスノエンドウの戦略が今一つ分かりません。
[PR]
by suzumebachi7 | 2007-04-15 00:35 | 山野草


<< 新たな主(あるじ)? キビシロタンポポ >>